腸もみで健康生活^^

腸って第二の心臓と言われている事をどれだけの方が知っているのでしょうか。
もしかしたら、脳よりも賢いかも・・・とも言われているんですよね。

腸はただ食べたもののカスを運ぶだけの臓器ではないんです。ほんのちょっとのストレス、食事の内容を読み取り、その結果を身体に教えているのは実は腸なんです。

皆さんも、緊張した時にお手洗いに行きたくなるとか、お肉を食べすぎた後にお腹が張るとか、何かしらお腹の問題を経験したこと、ありませんか?

お腹に関わることわざも沢山あるし、それに座禅や呼吸法や、精神統一する時に意識するからだの場所って丹田と言われる所があるのですが、そこはおへその下。つまりお腹なんです。

それだけ重要なお腹ですから、いつも元気でいて欲しいですよね。お腹によいとされる食材を積極的に取るのもいいのですが、あわせて行いたいことは腸もみです。

意識して腸を触ったこと、ありますか?緊張している時や、動物性の食事を多くしたときや、体調が思わしくない時のお腹って張っているんです。この状態はおなかにとっては嬉しくない。
そこで、横になってリラックスしながら、ゆっくりと優しくお腹をマッサージしてみると、段々とお腹がやわらかくなっていくのが分かります。

本来のお腹と言うのは、その状態なんです。
普段から朝起きたときや寝る前に腸もみを習慣にしてお腹ケアをすることで腸を正常に保ち、自分の健康のバロメーターとして役立てることが出来ますよね。

それに、毎日お腹を触り、お腹の状態を知ることで自分の体の声を聞くこともできるようになると思います。腸の他だと頭皮マッサージも良いみたいですね。育毛を施すことだけに目がいってしまいがちですが、頭も揉むことで様々な良いことが体に起こるようですよ。